2018年3月14日

パリのマダム

何度も訪れているパリ。歳を重ねても女であることを忘れていない女性が多いと思う。

ちょっと怖い雰囲気(笑)と身に付いた風格みたいなもの。パリのマダムは独特だと思う。

決して上手だとは思えない化粧もヘアスタイルも独特で自分を貫いている感じがする。

ファッションも吟味して選び、大切に着回しする。余計なものは買わない贅沢倹約主義。悪く言えばケチ(笑)

あの堂々たる態度は自信の表れか?

余程の金持ちでもない限り、プロパーでは買わない主義らしい。シーズン落ちを狙う。せっせと並んでゲットするとか。

女性としての自覚と自信。雰囲気を持って真っしぐらの行く先の確かさ。

そう言えば、どんなラグジュアリーブランドに行っても外国人ばかりだし、流行りものに興味があるのは少しの若者だけって感じ。

変わらない人たちが多い。だからトラディショナルなブティックも健在している。

パリはモードの街?でも!変わらない人たちが多いのだ。

三上宏幸

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.