2018年2月27日

南極の淡水湖

このテのネイチャーものが大好きだ。目を凝らして観た。

世界初の試み。3.5メートルもの厚さの氷に穴を開けて湖底にカメラを沈めて見えたものは?!

大小のコブのような物体。何コレ? シアノバクテリア?ハァ~?
聞いたこともない。光を取り込み光合成をするという。って・・酸素を作るってことだ。違う形状のものもあった。生物はいない。

もっと深い湖にも存在した形状の違うシアノバクテリア。光が届かないのに、これまた光合成をすると判断された。ハァ~?凄い!

太陽の光は氷を通すと、ブルーにしか見えないのだとか。だから氷に閉ざされた湖はブルーの美しい世界が広がっていた。

言わば、原始の地球の姿。バクテリアの世界。地球及び宇宙物理科学のことなどまるで分からない分野。

でも、あの映像が観れただけでワクワクした。まして8Kカメラ。

地球の営みについては分からないことだらけ。興味はあるけど
(笑)

南極、青の湖。心に焼きついた!

三上宏幸

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.