2017年12月22日

コレット

パリのコレットが閉店すると聞いた。

コレットはファッションのセレクトショップの先駆けだった。パリ在住の友人に初めて連れて行ってもらった時のことは忘れられない。店内はシンプルでシャレていた。

目利きのセンスの良さが光る品揃えだった。日本人としてはコム・デ・ギャルソンのシャツが何点かあったのがちょっと嬉しかった。

服はもちろん、バッグや靴に至るまでいろんなブランドを取り揃えていた。コレットの存在は今思えば画期的だった。

何年くらいやっていたのかな?
閉店の理由は分からないけれど、残念ですね~

三上宏幸

2017年12月21日

撮影

クロサワスタジオも今となれば、かなり歴史のあるムービースタジオだ。かの黒澤明監督に由来する。川崎にある。

今日はCM撮影。多くのスタッフが早くから働いている。自分もだけれど。

ひとしきり撮影が進んでランチタイム。今日のケータリングは美味しそう。ってか美味しかった。
グリーンサラダ、キッシュ、ナスと長芋のラタトゥイユ風、グラタン、チキンとマッシュルームの赤ワイン煮、雑穀米。なかなかでした!

撮影はサクサク進んで気持ち良く終了した。懐かしのスタッフにも会えて昔話に花が咲いた。

皆さん、お疲れさまでした!

三上宏幸

2017年12月20日

グリーンマイル

「ショーシャンクの空に」の監督、フランク・ダラボンの作品。
1999年の作品なんて驚いた。
そんなに経っていたんだ~(・・?)

3時間以上の長い映画。1930年代の死刑囚舎房の看守を描いている。これもスティーブン・キングの原作だった。

トム・ハンクスが主演だけど、死刑囚ジョン・コーヒィ役のマイケル・クラーク・ダンカンが素晴らし過ぎて、この映画を独り占め!って気がする。

彼は、かなりの大男で体型もスゴい迫力だ。特異な才能を持っている役ってのもハマっている。何年か前に亡くなっていると思ったけど、認識違いかな?

監獄を扱いながらも、勧善懲悪的なストーリーで、最後のシーンはしんみりする。

原作もさることながら、フランク・ダラボンの手腕にあらためて拍手!

三上宏幸

« 前ページへ次ページへ »

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.