2017年12月5日

土井善晴の美食探訪

初めて観た番組に、ちょっと興奮した。

一軒目は銀座の高級フレンチ「ロオジエ」出てくる吟味された食材と調理、盛り付け。さすがにフレンチ。美しい。

ウサギはちょっと遠慮したいけれど、調理法も取材していて興味深かった。シェフは若いフランス人だった。

栗のデザートも凝っていた。その後の種類豊富なチーズとお菓子のワゴンサービスに驚いた。チーズは分かっていたけど、こんなにも種類が豊富なお菓子に、もっと驚いた。チョコレートぐらいなら自分でも経験があるけど。自分なら、あれもこれも!って、手土産にしたいぐらいだ(笑)

もう一軒も銀座。和食の「杉もと」フグ尽くしが素晴らしかった。こんなにも色々とバリエーションがあること、料理人の技量に感嘆しきり!

勉強してるなぁ!と感心した。
それは客に対する圧倒的なサービス精神の表れでもあると思う。

美味しいものを食べてもらうだけじゃなく、素材の熟知と驚きの食を提供したい気持ちが強くなければ、客は感動しない。

ロオジエは¥28000、杉もとは¥25000でのディナーだった。

どちらも本当のプロ魂!料理人の心意気が伝わった。

自分も見習わないとね。プロの心意気。大切だ!

三上宏幸

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.