2017年12月2日

衆鱗図

こんな精緻な魚類図は見たことがない。驚いた。

18世紀だから江戸時代の図鑑だ。高松藩の松平頼恭によって作成されたとか。

驚くのは、その超絶な描写と立体感と色。当時の画材やアイディアで、ここまで精緻な描写ができるんだね。

種類も物凄い。クラゲやヒトデなども描かれている。でかいガラスの水槽もなかった時代、どうやって浮遊しているクラゲの観察をしたのだろう。風呂にでも入れて見てみたのかな。

例えば、アジってこんな色してるんだ。こんなに美しいんだ。気付かされた。

綺麗に装丁された図鑑として保存されている。芸術と工芸の接点みたいな感じもする。どちらにしても素晴らしい!

三上宏幸

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.