2017年8月3日

2017/18秋冬メンズコレクション

パリとミラノのコレクションもだいぶ前に終わり、ピカピカの商品もぼちぼち店頭に並んでいる頃。

ヨーロッパはデザイナーの交代が相次いでいる。

そんな中、新鮮に感じたのはクリス・バン・アッシュのディオール・オム。ディテールが面白い。

シックで着たいと思えたのはエルメス。素材の上質さがVでも分かるってスゴいことだ。デザインはシンプルでオトナ。

ドルチェ&ガッバーナやプラダも相変わらず、らしさを貫いていたけど、好みだったのは僅かだった。

今迄全く興味のないブランドだったけど、思いのほかミッソーニのニットが可愛かった。

全体的にパンツは太めになっているね。

時代でデザインはぐるぐる巡る。ショルダー、ラペル、シルエット・・細くなったり太くなったり・・ボリュームの感じとか・・長いとか短いとかね~

ルイヴィトンのスプリームとのコラボ。何で!今?!って思ったのは自分だけ?

コムデギャルソンのスパンコールには度肝を抜かれた。

メンズも何でもありの昨今。
ちょいキーポイントにしている(?)セクシーな服って、どこに行けばあるのか? あ!でも、服ってより・・それは、着る人そのものの雰囲気か・・ʕʘ‿ʘʔ

別にエロジイになりたいワケじゃありませんけど(笑)

三上宏幸

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.