2017年5月31日

麗江③

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまう。麗江での時間もそうだった。こんな仕事は滅多にありません。

夜の川沿いの観光歓楽街。カフェやレストランやダンスホールは全部こんな感じ。提灯が飾り付けられていて異国情緒たっぷり。コーヒーを飲んだけど面白い雰囲気だったなぁ~

観光スポットの川に浮かべて流す灯籠。カラフルさが中国っぽい。観光客目当ての、こんな店もあった。店番は民族衣装のお姉さん。

街は、こんな馬車でも観光できる。乗りはしなかったけど、次回は是非!って・・次回、あり?(笑)

地元で有名な楽団の人たち。なんか良いね~!伝統の音楽をたっぷり聴かせてくれた。ザッツ!チャイニーズ・ミュージック!

立派な門構えの様式は日本への影響を感じる。狛犬らしきものもあるしね。

人々の温かさを感じた。長い滞在じゃなかったけど、いろんな光景が目に浮かぶ。こんな素晴らしい場所に行けたのも、この仕事のおかげです。感謝!

三上宏幸

2017年5月29日

麗江①

今迄、たくさんの海外に行った。そんな中で思い出深いのが中国雲南省の麗江だ。

直行便だったっけ? いや、記憶が正しければ、どこかでトランジットしたと思う。

なんか期待にワクワクした仕事の旅だった。それまで麗江などという土地、聞いたこともなかった。

行ってみたら、チョーエキサイトした! この街の美しさに!
それもそのはず、ここは世界遺産の美観地区だった。

セットのように美しい。川の両脇には古さを感じる木造の家々がびっしりと建ち並ぶ。

お寺みたいなところにあった、日本で言うと絵馬みたいなものだと思う。凄い数!美しい。

麗江を象徴する玉龍雪山。流れる川の景観も美しい。携帯酸素ボンベ持参でゴンドラで登った。こんな高い山、初めてだ!4506mの山頂。

トンパ文字でハンコも作ってもらったっけ。なかなか良い出来で常々愛用している。

料理は、こんな感じ。カンペキ中華。そりゃそうだ!全てこの土地の食材だろう。満足だった。

丘から望む美しい瓦屋根も美観のひとつ。圧巻と言える眺めはさすが世界遺産の地。

麗江は標高が高い。街はホコリっぽくドライな感じだった。地元の人々は驚くほど真っ黒に日焼けしていた。明日は玉龍雪山の野外ステージでの民族の祭典的なアトラクションを紹介します。チャン・イーモウの演出が素晴らしい!お楽しみに!

三上宏幸

2017年5月27日

タオルミーナ

お!G7、ここでやっているんだ!なんでこの地が選ばれたんだろう?

以前、ブログにもしたけど、ここに訪れた時は、かなりの感動だったなぁ~!

映画「グランブルー」の舞台にもなった、なんともピースフルな雰囲気のところだった。ちょうど夾竹桃のシーズンで美しく街を彩っていた。海を望む街は美観だった。

レストランで食べた、茄子のペンネの味が今でも忘れられない。食べた中で最高だった!タオルミーナの名物なのか・・冷たいコーヒーとブリオッシュみたいなパンの朝食も意外とマッチしていて美味しかった。

街のメインストリートのアンティークショップで買い求めた器が3点あって、宝物のように大事にしていた。けど・・引越しの際に断捨離したかもしれない(〃ω〃)

訪れた季節はたぶん初夏だったかな?そんな気候も相まって・・最高の気持ちになれたんだろうね。

ピアノを披露してくれたあの爺さん、まだ生きているかな?

住んでみたいと思った街。夕暮れも美しかった。また行きたいと思うシチリアの街。タオルミーナ!
大好きな場所だ。

三上宏幸

次ページへ »

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.