2017年3月11日

3月11日

たまたま観たNHKのニュース。福島の飯館村からの中継だった。
キャスターの鈴木さんが農家や酪農家の今の状況、福島の物産の評判などを取材していた。

あの日から苦悩して来た人たち。数人が再生に向けての意気込みや思いを語っていた。希望に溢れているように思えた。そうだよなぁ~考えるよね。6年もの歳月だ。

そんな中、福島の酪農カフェオレの評判が上がっていることを知って嬉しくなった。

きっかけは、県外の1人のブロガー。美味しい!と、このカフェオレのことを取り上げた。

ジワジワと売上を伸ばしているらしい。良いなぁ~!

大阪のデパートでも、物産展で福島産の食材だけで弁当を作ったら、これまた評判が良かったとのこと。嬉しいなぁ~!

6年前の今日、未曾有の災害にさいなまれた東北の太平洋沿岸部。津波の被害は甚大なものだったけど、大問題は原発事故。

あの日以来、地元を離れる人々は絶えなかった。深刻なのは農業や花作りや酪農などの土地を頼りにしているもの。生活の基盤を別な場所に移さざるを得ない状況にさらされた。きっぱり諦めた人たちも多い。安全性の結果を待ってなどいられないのは当然だ。

帰宅困難区域の時間が長かった原発の周辺。津波の被害も大きかった。行方不明者も多いと聞く。

消え去らないあの日。再生への時間はまだまだかかるだろう。親から子へ、子から孫へ、孫から・・

そんな時間のレベルなんだろう。

元のふるさとを見たい!!!!!

三上宏幸

Tel.03-5466-4685

Copyright©2007 PAINT'S. All Rights Reserved.